生地の活用事例

赤ちゃんだっこ紐に抗菌メッシュ素材のご提案

生地の活用事例2021年10月21日

赤ちゃんに対する気遣いと安心性を一番に

従来、鞄・ランドセルを取り扱っているお客様から、別の部署で新商品として赤ちゃん抱っこ紐を作るというご相談を受けました。

 

まず最初に、赤ちゃんと触れ合う部分の生地ということで「抱っこしていても熱がこもらないものが希望」というポイントを伺いました。

 

更に、お客様の求めている素材のイメージを掴むためにヒアリングを行いました。

その結果、

・赤ちゃんに触れても安心な素材

・定番商品として継続的に使用する

・ブランドイメージに合った見た目

というご要望をお伺いしました。

 

また、赤ちゃんを支える部分ということでクッション性・通気性も備えているとより良いのではないかと考え、通常のメッシュより肉厚なダブルラッセルが最適ではないかという結論に至り、弊社在庫品の「ダイヤメッシュ」を提案しました。

 

 

清潔感のあるダイヤ柄で見た目も機能も快適

「ダイヤメッシュ」は制菌加工が施されており、繊維上の細菌の増殖を抑制する効果があります。

SEK(繊維評価技術協議会)からオレンジタグの認証を受けているので、衛生面においても優れた商品で、赤ちゃんの接する面に使用する場合にもオススメすることができます。

 

更にこの「ダイヤメッシュ」は、メッシュシリーズの中でも編み柄が特徴的です。規則的な幾何学のダイヤ柄はお客様のブランドイメージに合った、高級感のある見た目にも美しい機能的な素材です。

 

こうした機能性と見た目のバランスを考慮し、提案したことで

「通気性・機能も申し分ない。見た目も高級感がありイメージとマッチしている」

という感想をいただくことが出来ました。

 

仙田ではお客様のご要望をイメージから考えヒアリングさせて頂きます。求めているイメージにより近い物をご提供するために、様々なバリエーションで提案を行なっております。

ぜひ、一度ご相談ください。

phone_catalog_text
fax_catalog_text
fax_catalog_btn
  • Back to top